CIMG5282.JPGのサムネール画像
苺に失敗した時の為に、大玉トマトを栽培しています。


CIMG5270.JPG
今シーズンは今のところ順調です。
このまま行くとクリスマスごろには販売出来そうな勢いです。

このまま行けば・・・・・ですが。

今シーズンは昨年の大雪の影響などでイチゴの状態が良くないので、いちご狩りが出来ません。
(ジャムだけは何とか販売していますが。)

楽しみにして頂いた方々! 本当に申し訳ございません。

イチゴ狩りがお休みなので、"毎日ぶらぶらして暇を持て余してるんだろうな・・・" なんて想像している人がきっと居るに違いありませんが、残念でした。(何が"残念"なんだかわからんな・・・)
イチゴの収入が無い分を埋め合わせるために、毎日色々な野菜の種を蒔いています。

そのうちに収穫しきれない程のインゲンやら、エンドウやらトマトやらが一斉に実を着け、作業が間に合わなくなり悲鳴を上げる事態になったりして・・・・。
・・・・これがほんとの『自分で蒔いた種』だな。

『今度の休みはいちご狩りにでも出かけてみようかな』と思い立った人、そうです、

今これを読んでいるあなたのことです。どこに行ったらいいのか真剣に検討中ですね。

せっかく行くのだから失敗したくない。美味しく楽しく、そして満腹になりたい。

行く限りは最低でも元を取りたい。あわよくば「儲けた!」と思いたい。

そんな用心深く研究熱心なあなたに朗報です。あなたの努力はこのページによって

必ずや報われます。

(報われなかったらごめんなさい。)

 

人は誰でも美味しいイチゴを沢山食べたいと思っていちご狩りに出掛けます。

しかし、何の策も持たずに出発したあなたを思わぬ落とし穴が待ち受けているのです。

ここではいちご狩りをする上で誰もが直面するであろう重要問題について解説して

います。それは『量』、『味』、『質』の問題であります。

世間ではこれを『いちご狩りの憂鬱』と呼んでいます。(いないかな。)

当園はご存知の通り(・・・・・ご存知無い?   えーっ!)いちごが少ないんです。

「どうして?」って、・・・・・無農薬+無肥料栽培だからです。

というわけで、ご予約のメールを頂いてもご入園頂けるかどうかの判断が非常に難しいんです。

迂闊に「かしこまりました。」なんて言えないんですよ。(怖くて)

基本的には当園にご入園頂けない場合、ご近所の農園さんをご紹介しています。

(現在、1週間に10名様程度しかご入園頂けません。)

 

・・・・・・だんな、いいイチゴ園がありますぜっ。